*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 7月16日 快晴。

 青と白の白崎海岸を後にし、海岸沿いのR24をさらに進み
 県道R188を経由してJR御坊駅方面へ、次の目的地は
 「元祖せち焼き」 やましたさんです。 

 「せち焼き」聞きなれない言葉ですよね。
 「せちがう」が語源となりますが、あまりいい意味でなく、
 地元の方言で、「無茶苦茶」にする。
        「いじめる」の意味だそうです。

     3-1せち焼き


   では、どのようなものか説明いたします。
   見た目は、「モダン焼き」に似ています。
   (関西では、お好み焼きにそばを入れたもの)
   

   私は、「せち焼き 豚」をオーダ。
   具体的な食材は、豚とキャベツの千切りとそば・生卵2個と
   調味料だけです。
    (あれー小麦粉がありません・・・。)


    作り方1
     まずは、キャベツと豚を簡単に炒め、調味料で調整しながら、
     そばも焼きます。
       →キャベツは千切りですが、この時点で焼きそば状態です。
 
    3-2せち焼き




    作り方2
     そばも含めて簡単に炒めた後つなぎは、生卵2個です。
     そばをドーナツ状にして、真ん中に玉子を落とします。
     あとは、ひたすらかき混ぜ、全体の形を整えます。
     (このぐちゃぐちゃにかき混ぜるところが、語源でしょうか。)
     最後に、お好み焼きソースと好みでマヨネーズで完了です。
     小麦粉が入ってない分、量的に少ないのかなと思い、
     お味噌汁とごはん小を追加オーダ。
       実際食べてみて量的に問題ありませんでした。

     3-3せち焼き



    満腹になったところで、あとはおみやげ購入ポイントへ移動です。
    「せち焼き やました」を後にし、R42を北上します。
    最後の訪問先は、和菓子の名店由良町の「錦花堂」さんです。

     前回のパトロール日記に綴りましたが、ここでおやじは人生初めて
     の体験をしました。

     前もってネットで調査してました。 錦花堂さんの一押し「力餅」
     と「禅」を購入。→ 全国菓子博大臣栄誉賞受賞
     「力餅」は、表千家の茶会にも使われた由緒あるお菓子です。
     漉し餡を求肥餅で包み、ふ焼き煎餅で挟んだものです。  
     「禅」は、はったい粉を使ったスポンジ生地で黒胡麻餡を
     サンドしたものです。


       3-4錦花堂

  予告していました。
  おやじの、人生初体験の報告です。   
  偶然に某放送局N×Kさんが、錦花堂さんに取材に来られていて、
  初めてインタビューを受けました。
   会話等筋書きがあると思っていましたが、急に新しい商品の
   試食レポートを受けました。
   それは、羊羹にわかめの茎を練りこんだものです。
   カメラマンさんと音声さんがいて、おやじはの感想は
   ギクシャクした返答となった次第です。

    おやじの後、先輩がインタビューを受けるところです。
   3-5A錦花堂


   舞い上がったおやじは、お店の外観を撮り忘れてしまいました。

   放送は、19日の18時のニュースで放映予定でしたが、台風6号
   の影響で、お蔵入りになりました。
     
   一週間も帯で録画したのに・・・。(残念!!)


  そんな初体験をしたのち、R42を北上し湯浅を通過し県道R22を
  経てR424から府道R62で自宅に戻ったおやじでした。


     では、おみやげを自宅で公開です。

       3-6錦花堂


     ポチット願います。
   にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ
にほんブログ村


   にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村
      
  
         

スポンサーサイト
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

okuhisa

Author:okuhisa
51歳から再びバイクに乗り、日々の出来事を気ままに綴ります。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。